ナナエフ

同人ゲームサークル『7-FIELD』制作ブログ  -ゲーム制作やイベント参加などの活動情報 + 雑記-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

プログラム - ランダムアルゴリズムの考え方

tetsuwoです。 【 twitter

数年前に簡単なアクションゲームを作った際、敵の動く方向をランダムに設定したところ

あまり移動せず、ビクビクと痙攣するだけになってしまった記憶があります。


今考えれば当然ですが、1px動く毎に方向を決め直すのでダメだったのです。

ではどうすればよかったのか。
 
 
アクションにおける、敵のランダム移動

結局どのようにしたかというと、移動する距離と速度もランダムで設定したのでした。

速度はさておき距離の設定は必須で、これをするだけで相当自然な動きになったと記憶しています。

至極単純な話なのですが、ある程度意思を持って動く生き物を作る上では必要だと思います。


残念ながら当時のプログラムは残っておりませんでした。

この記事、自分のためもなったな・・・。


正規分布

正規分布 】 - Wikipedia

  平均値の付近に集積するようなデータの分布を表した連続的な変数に関する確率分布である。

Wikipedia の山なりになっている曲線を見ていただければ、どのようなデータかは一目瞭然と思います。

自然界や人間社会での出来事は、正規分布に近づくものが多いらしいので

上手く使えば、より自然な値の取り方ができると思います。



さて、アルゴリズムは?

ビジュアルコーディングと波形 】 - fladdict

  単純な乱数をいくつも足し合わせて行くと、正規分布の乱数が生まれる。

上記サイトでは、ランダムの値を4回出し、その合計値を4で割ったものを「ランダム値」として算出しております。

というわけで、どのような変化があるか試してみます。

▼ボタンを押す毎に値を算出しております。15回押してみました。
random.png

右側の方が、30~60くらいが算出されていることが多くなりました。

グラフで表したら山なりに近くなっていると思います(それにしても50代は少なめ)。


まぁ、こちらも考えとしては当然なのですが、なかなか自分では思いつけないものですね。

将来的には、こういった考え方も上手く使っていきたい。

というか、考えつけるようになりたい・・・。


こうとも書かれております。

  自然界に単純なランダムは驚くほど少ない。
  
  何気なく普通の乱数や正弦波を使っちゃうところに、複数の波形や乱数を組み合わせたノイズを足すとリアリティが激増したりする。



宣伝

2031年 秋、北守新都市。生活にAR技術が根付いたこの街で

"傷"を抱えた7人がそれぞれに見出す"真実"とは。



当サークル作品「薄鈍アドベント」DL販売中です。

体験版も公開しておりますので、目に止まりましたらお試しあれ。

 
スポンサーサイト
  1. 2013/04/16(火) 17:00:00|
  2. 制作
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://7fblog.blog.fc2.com/tb.php/187-829f147e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

akinasi, tetsuwo

Author:akinasi, tetsuwo
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

告知 (63)
制作 (88)
ソフト紹介 (19)
素材紹介 (10)
言外 (7)
雑記 (361)
ナナエ (29)

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。