ナナエフ

同人ゲームサークル『7-FIELD』制作ブログ  -ゲーム制作やイベント参加などの活動情報 + 雑記-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Twitterのbot制作⑥ <PHPツイート実行3>

tetsuwoです。 【 twitter


薄鈍アドベントの体験版公開と、DL販売中であることについて

折角Twitterのアカウントもある事なので、勉強を兼ねて

自動ツイートさせるbotを自作してみたいと思います。
 

─ ※過去参照 ───────────────────

 12/09/07 自作botの作成手順

 12/09/08 PHP実行環境構築1

 12/09/10 PHP実行環境構築2

 12/09/13 PHPツイート実行1

 12/09/14-1 PHPツイート実行2

─ ※自作手順 ───────────────────

 1.Apacheにて、ローカルPCをサーバ化
 
 2.PHP言語にて簡易的なツイートプログラム作成
 
 3.Apacheサーバ経由でプログラム実行し、ツイート確認
 
 4.PHPにてツイート時刻設定
 
 5.定時ツイート実現!

──────────────────────────


前項<2.>がエラーの対応によって長くなってしまったため

一応、整理も兼ねて当項目でまとめます。

ツイート成功バージョンソース作成・処理結果の紹介です。



<3.Apacheサーバ経由でプログラム実行し、ツイート確認>
  
  ①phpファイル編集 (単純ツイート成功版)
  
─<tweet.php 編集内容>──────────────
<?php
  #phpファイル格納場所の絶対パス
  $path = "C:\\Program Files (x86)\■~省略~■\htdocs\";

  #twitteroauth.phpの読み込み
  require_once($path."twitteroauth.php");

  #AOuth登録ID/PW
  $consumer_key = "●●";
  $consumer_secret = "▲▲";

  #AOuth使用ID/PW
  $access_token = "○○";
  $access_token_secret = "△△";


  #OAuthオブジェクト生成
  $to = new TwitterOAuth(
    $consumer_key, $consumer_secret,
    $access_token, $access_token_secret);

  #ツイート実施(twitterへのPOST)
  $message = "ツイートするテキスト";
  $req = $to->OAuthRequest(
    "http://api.twitter.com/1/statuses/update.xml",
    "POST",
    array("status"=>$message));

  header("Content-Type: application/xml");
  echo $req;
?>
──────────────────────────
  
  
  ②文字コード指定
  
    上記編集を実施し、名前を付けて保存を選択。
    
    文字コードを「UTF-8」とした上で、保存を実施します。
  
  
  ③php動作確認
  
    上記phpを動作させるため、「http://localhost/tweet.php」にアクセスします。
    
    画面が更新され、成功していれば以下の様な結果が表示されます。
    
    ※非常に長いので省略。タグを見比べてもらえればと思います。
    
    ─<表示内容>─────────────────────────────
    This XML file does not appear to have any style information associated with it.
    The document tree is shown below.
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     <status>
      …
      <text>ツイートするテキスト</text>
      …
      <user>
       …
       <description>
        twitterの自己紹介文
       </description>
       …
       …
       …
       …
      </user>
      …
     </status>
    ───────────────────────────────────
    
    
    ここで、前回記事のように の表記が出る場合は
    
    phpファイルの内容や、文字コードのミスが考えられます。


 ④ツイート確認
 
  botとして動作させるtwitterのアカウントを確認してみます。
  
  phpで設定したツイートテキストが呟かれていました。
  
  参考:ツイート結果 (ツイートテキストは変更してます)




当項目は以上です。

「ただ呟くだけだし、すぐできるだろ」と甘く見ておりましたが

長い道のりとなってしまいました。



あとは時刻設定を行い、定刻ツイートを実施できたら終了ですので

ゴールが見えてきたかなと思います。

もうつまづきませんように…
 
スポンサーサイト
  1. 2012/09/14(金) 16:51:00|
  2. 制作
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://7fblog.blog.fc2.com/tb.php/71-c7b1891b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

akinasi, tetsuwo

Author:akinasi, tetsuwo
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

告知 (63)
制作 (88)
ソフト紹介 (19)
素材紹介 (10)
言外 (7)
雑記 (361)
ナナエ (29)

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。